西内まりや「死にもの狂い」のモデル時代明かす

2015年10月3日 11時08分 (2015年10月3日 16時36分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Seventeen」を卒業した西内まりや【モデルプレス】

【モデルプレス】雑誌「Seventeen」の専属モデルを5年半務めた西内まりやが、1日発売の11月号をもって同誌を卒業。モデルとして葛藤した過去を語った。

誌面では、専属モデルデビュー当時の心境について「カワイイ後輩もどんどん入ってきたし、焦る気持ちも強くなっていって」と不安と隣り合わせだったと告白。「特に同じ年だった武井咲ちゃんは勝手にライバルだった」と、ドラマ主演など同じく女優としても活躍していた武井がライバルでもあり、憧れの存在だったと明かし、「“死にもの狂いで頑張らなきゃ”っていう気持ちだけが私を突き動かしていた」と振り返った。(modelpress編集部)

情報提供:「Seventeen」(集英社)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)