ももち、握手会でレーンがガラガラ。療養前の姿にファン複雑。

2015年10月17日 11時55分 (2015年10月21日 09時50分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

カントリー・ガールズ(画像は『カントリー・ガールズ オフィシャルブログ』のスクリーンショット)

[拡大写真]

ももちこと嗣永桃子の療養前に収録した姿が『ダウンタウンDX』で放送された。ももちは“ハロプロ最年長アイドル”と紹介され、カントリー・ガールズの握手会で彼女のレーンだけ列が途中で途切れる場面やファン対応が映った。その光景にツイッターでは「ももちの対応さっぱりしてるなあw」「ももち、応援しなきゃならないのでは…」といった感想がつぶやかれている。

嗣永桃子は10月10日に『カントリー・ガールズ オフィシャルブログ』で声帯ポリープと診断を受けて治療に専念するため、ライブや握手会を当面休むことを報告。「大好きな歌を全力で歌えるよう、また、たーくさんお喋りできるようにいち早く治しますので、まっていてくれると嬉しいです」と伝えた。

その彼女が、10月15日放送のバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演して療養前の姿を見せた。従来どおりのトークでダウンタウンからもいじられて元気そうだ。

ももちが所属していたBerryz工房が活動休止となり、現在はカントリー・ガールズとして活動している。そのメンバーがVTRで稲場愛香(17)、山木梨沙(17)、小関舞(13)、森戸知沙希(15)と自己紹介した後に、嗣永桃子が照れ隠しなのか「23ちゃいのももちです」と締めていた。

そんなももちを“ハロプロ最年長アイドル”“崖っぷちアイドル”と取り上げて、握手会の現場に迫る。20代と思われる男性から「カメラ入ってるね、発表しようよ」と振られて、「そうですね、ハイ結婚します、さようなら~」と軽く受け流すももち。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)