1

お金しか愛せない!? “日本一美しい整形男子”アレンが語る、整形美学と、パトロンとの甘い生活

2015年10月18日 13時00分 (2015年10月19日 09時00分 更新)

「フランス人形になりたい」と、美容整形を続ける“整形サイボーグ”ヴァニラの男版とも呼べる、アレン(22)という男性をご存じだろうか?

 これまで3000万円以上をかけて200回以上整形を重ねてきたというアレンだが、9月に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)できゃりーぱみゅぱみゅの「いま会いたい人」として紹介されるや否や、ネット上で大反響を呼んでいる。しかも、整形代を含め、生活費はすべて“パトロン”持ちだというから、開いた口がふさがらない。

 「日本一美しい整形男子」をうたうアレンに聞く、整形美学と、パトロンとのセレブ生活の実態とは?

■17歳の時に出会った、最初のパトロンがきっかけで……

――そもそもデビューのきっかけって、なんだったんですか?

アレン TBSの『私の何がイケないの?』という番組に、自分で応募しました。そこで特集を組んでもらって、という感じです。デビューして、ちょうど1年くらいかな。

画像はこちら

――小中学校時代のイジメが原因で整形に走ったとのことですが、当時はやはり容姿についてイジメられたんですか?

アレン 容姿もそうなんですけど、言動も含めて全体的にナヨナヨしていたので、標的にされてしまって……。

――整形される前の写真がネット上に出回っていて、「イケメン」「整形前のほうが全然いい」なんて声もありますが。

アレン そうなんです! 僕、イケメンだったんですよ(笑)。ただ僕が求めているのは、人形的な美しさなので、前は野性的というか、人間っぽかったんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    シンプルに気持ち悪い

    9
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品