0

「新婚さん」に清々しい無職、就職難航も「気楽な仕事で月40万円」希望。

2015年12月14日 14時08分 (2015年12月16日 00時00分 更新)
12月13日に放送されたトーク番組「新婚さんいらっしゃい!」(ABC・テレビ朝日系)に、清々しい無職が現れたと話題を呼んでいる。

スタジオに登場し、番組司会の桂文枝から「ご主人、お仕事は?」と聞かれた33歳夫は、にこやかな表情で「はい、無職です!」。その答えに、文枝は首を捻りながら「無職という仕事はない…」と困惑した。

ネットで妻と出会った当時は郵便局で働いていたという夫。その頃、仕事を聞いた妻は「(郵便局なら)将来安泰だし、専業主婦が夢だったので」と未来予想図を思い描き、後に2人は結婚に至った。ところが、結婚後に夫の給与明細を見せてもらったところ、給料が手取りで13万円しかないことが発覚。ここで初めて「正社員じゃなくて、契約社員」であることを知ったという。

夫の言い分としては「(契約社員だと)結婚する前に言ったつもりだった」。しかし妻は「聞いてなかった」と主張し、言い分は食い違っている。また、13万円という金額は、当時介護の仕事をしていた妻よりも安い給料だったため、妻は「騙された」と感じたという。

その後、夫は「正社員の仕事をして妻を専業主婦にする」と約束し、郵便局を辞めてハローワークで就職活動へ。ところが、あの仕事はいや、この仕事はいや、妻が「工場のラインとかどう?」と聞けば「立つのは疲れる」、「配送の仕事はどう?」と聞けば「ミッション(マニュアル)の車は運転できない」、「タクシーの運転手はどう?」と聞けば「夜、酔いつぶれの客が絡んで来るのが嫌だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品