おのののか「女子高生にイジワル連発」で、女性の支持率が急降下中!?

2015年12月23日 16時00分 (2015年12月26日 10時33分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
 12月20日放送の『サンデー・ジャポン』(TBSテレビ系)におのののか(24)が出演。女子高校生にして実業家である椎木里佳(18)に対抗心をむき出しにする発言をし、共演のカンニング竹山(44)になだめられる場面が見られた。まずこの日、話題になったのが夫婦別姓の問題。これに椎木が「名字を変えたくない」「たぶん1回の結婚じゃすまないから周りが混乱しちゃう」と大胆な意見を言うと、おのはこれに反論。「好きな人と同じ名字になりたいし、結婚は一生に一回のものだと思う」と、笑顔ながらも真っ向対立の姿勢を見せた。


 そして次に話題になったのがドローンの話題。椎木がその実用性について「高齢化が進む中でこれは絶対、実用化すると思いますね」と肯定的な意見を言ったところ、またしてもおのが反論。「一人暮らししているおじいちゃんとかって、宅配の人とお話しするのとかを楽しみにしていると思いますし、そういうのがなくなってしまうのは寂しい」と、無人化による弊害を説いた。これに対して椎木は「ドローンで会話できると思います」と返すのだが、おのはさらに「ドローンと会話って凄い寂しくないですか? そういうのはよくないと思う」と、なかば強引に抑えこんでしまった。このおのの返しに対し、うっかり不満そうな顔を見せてしまった椎木。周囲にそのことを指摘されると「美しいデコルテ(胸元)が見えちゃって、すみません、もう大丈夫です」と、要領よくコメントをしたが、動揺を隠せないでいた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)