坂上忍、怒りを通り越して唖然…某寿司店大将の無礼行為に出演者ドン引き

2016年1月3日 12時44分 (2016年1月4日 11時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
俳優の坂上忍(48)が、2日に放送されたに日本テレビ系『ヨロシクご検討ください』(23:00~24:00)で、とある寿司店での"心を閉ざした瞬間"を打ち明けた。

『ヨロシクご検討ください』は、坂上をはじめ、バカリズム南海キャンディーズ山里亮太オードリー若林正恭の4人が「世の中を斜めに見ている4人=心の闇4」として、さまざまな提案をする不定期放送の番組。その中で「何を言っても無駄だ…」と"日常生活の中で心を閉ざしてしまった瞬間"をそれぞれが語る新コーナーが設けられ、坂上はとある寿司店のエピソードを紹介した。

今から3カ月前、地方ロケを終えてマネージャーと立ち寄った寿司店でのこと。坂上が「すみません、2人なんですけどいいですか」と入店すると、大将は黙々と包丁を研ぎながら視線を上げることなく、「空いてる席どうぞ」。内心では「難しそうな大将だな」と思っていた坂上だが、「瓶ビールと中トロをつまみで」と注文。大将は「はいよ」と準備しはじめたが、坂上はその手元を見て絶句する。

差し出されたのは二切れの中トロ。研ぎたての包丁は拭き取ることなく使われていたため、当然口の中には鉄の味が広がり、坂上は一口食べて顔をしかめる。「この中トロ、大将も食べてみてください」と提案するも大将は「結構です」と断り、坂上は怒りをおさえて説得を試みたが、「いえ、お客様に出したものは食べられません」とかたくなだった。

これには坂上もお手上げ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)