年末の『日本レコード大賞』で放送事故!? 仲間由紀恵が松田聖子に失言で……

2016年1月5日 11時00分 (2016年1月6日 09時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年12月30日放送の『第57回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)で、司会の仲間由紀恵が“やらかして”しまった。

 番組終盤、最優秀歌唱賞を受賞した松田聖子が登壇。ステージ上では、これまでの聖子の“歩み”を振り返るVTRが映し出された。

 それを見た仲間は、聖子に「その目で見つめられたら、男性はすべてを投げ打ってでも(聖子の元に)走ってしまいますよ」と言葉をかけた。

 仲間にしてみれば、聖子のカリスマ的な魅力をヨイショしたつもりだろうが、当の本人は「いやいや……」と苦笑いを浮かべるのみ。それもそのはず、すべてをかなぐり捨てて聖子の元に走り、それが原因で大モメしているのが、現在の聖子のダンナであるK氏なのだ。

「聖子さんは2012年に医師のK氏と再々婚しましたが、略奪婚だったといわれています。K氏は前妻との間に双子の子どもがいて、それまでは円満な家庭を築いていましたが、聖子さんの歯の治療を担当するようになり、性格が一変。最終的に彼は妻と子どもを捨て、聖子さんの元に走ってしまったのです」(女性誌記者)

 ほどなくしてK氏は、前妻に離婚を切りだしたという。音楽関係者は「前妻はショックで激ヤセ。現在もK氏と聖子さんには怒り心頭のようです。仲間さんに悪気はありませんが、まさに聖子さんの痛いところを突く発言でした」と話す。

 一部では、そのK氏とも現在うまくいっておらず「そろそろ3度目の離婚か!?」とウワサされる聖子。稀代のスキャンダル女王は、健在のようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)