0

HKT48指原莉乃が絶句!前田敦子、古巣の仲間への「塩対応」にファンがイラッ

2016年1月6日 09時58分 (2016年1月10日 17時31分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優としてのポジションを確立し始めているAKB48の元エース・前田敦子が、年末のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)にグループの黄金時代を共に支えた元チームメイト高橋みなみ指原莉乃と出演。AKB結成時のエピソードや、恋バナ、結婚観について、さらには今後のAKBグループについてなどさまざまな内容でトークを展開した。しかし2人に対する前田のリアクションがあまりに冷たすぎると、放送後にネットを中心に話題になってしまった。

 番組序盤、自身のファッションについて奇抜だと自負している高橋が、「アタシ、2年前から赤髪やってっから!」と少し自慢げに話すと、前田は興味なさそうな顔で薄い反応。それを見た指原は思わず「あっさんって、たかみなに厳しい」と発言。ところが、番組後半には高橋ではなく、指原に対する当たりが次第に強くなっていく。

 AKB加入前にアイドルオタクで有名な存在だったという指原について、「えっ、何で?」と最初は興味を示していた前田だが、指原の口から「2ちゃんねるで可愛い女オタとして有名人だった」という言葉が出ると、これまた完全に冷めきった表情に戻り、「へえ~、よかったね」と寒いリアクション。指原や高橋も笑うしかない状態だった。

 その他にも、指原が自分は選抜総選挙に来年も出るべきだと話すと、最終的には「じゃあ、来年取って辞めれば?」とまるで他人事のような返し。指原も「すっげ~簡単に人生決めるんじゃないですか、私の!」と苦笑いで反論していた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品