山田隆夫「そんなことねぇ!」島田秀平の手相判断に、血相を変えてブチ切れ

2016年1月6日 11時00分 (2016年1月9日 15時33分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
 1月3日放送の『笑点 手相大喜利SP』(日本テレビ系)に手相占い師の島田秀平(38)が出演。手相を見てもらった番組の座布団運びである山田隆夫(59)が、イメージを裏切る性格を暴露されて激昂する場面が見られた。島田は各メンバーの手相を見て「赤ちゃん帰りをしている」など予想外の指摘をし、番組を盛り上げていたが、最も笑いが起きたのは山田の時だった。島田は山田の性格を「感情線がすごく短くキレやすい」「人に謝らない」「自分が大好きなナルシスト」と、普段のイメージにはない性格を暴露。さらに”ますかけ線”という、サッカーの本田圭佑(29)や福山雅治(46)にある、天下取りの相があるとも指摘し、「ますかけ線のあった方は、頑固で変人が多いっていう」と説明すると、山田は「そんなことねぇよ!」と、激しい口調で非難をしていた。


 かつてはずうとるび、現在は笑点の座布団運びとして知られる山田だが、プロボクサーのライセンスを持ち、4人の子どもを持つという精力的な側面を持つ。また賃貸マンションを2棟持ち、毎月数百万円の家賃収入があるといわれる成功者でもあるのだ。あながち島田の「天下取りの手相」という指摘も間違いではないだろう。もちろん「キレやすい」という指摘も……。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)