小倉智昭&宮根誠司、“ベッキー擁護”発言連発で「気持ち悪い」「バカみたい」と大炎上!!

2016年1月8日 16時30分 (2016年1月12日 20時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 不倫騒動の渦中にいるベッキーとゲスの極み乙女。・川谷絵音に対して、連日スポーツ紙が続報を伝えている。そのほとんどが2人を猛バッシングする内容だが、芸能ニュースを扱うテレビの情報番組では不自然な“ベッキー擁護”が蔓延しているようだ。ネット上ではこちらに対する批判も集まっている。

 7日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、MCの宮根誠司が「あのベッキーでも軽率な行動取るんだって、ちょっとホッとした。普通の女の子だったんだな」などとコメント。さらに、ベッキーが正月に川谷の実家を訪れたという点についても、気軽な気持ちで誘っただけだとして「ベッキーが家に来たらパニックになるで」などと笑いを取っていた。

 これらの発言に対し、ネット上では「バカみたいなコメントするな」「苦しすぎるフォロー」「自分は隠し子がいるからって……」などと、宮根に対する批判が噴出した。さらに同日、『とくダネ!』(フジテレビ系)でも、小倉智昭が「あこがれている歌手と出会いの場があって親しくなり、(川谷が)結婚していて、奥さんとうまくいってないという話があって、そうなる(親密になる)というのはわからないでもない」「タレントイメージを考えると、彼女にとっては損だった。もうちょっと待っていれば」と、持論を展開。これにもネットユーザーは「小倉は軽率」「コメントがズレている」などと疑問を感じたようだ。

「CM10本、またレギュラー番組10本と多数の仕事を抱えるベッキーだけに、テレビ局としては、今回の報道は扱いにくい部分があるようです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)