0

フジ新春ドラマが6.8%の民放最下位! 『ふなっしー探偵』でゴールデン大爆死の迷走

2016年1月9日 16時00分 (2016年1月14日 20時00分 更新)

 千葉県船橋市非公認ご当地キャラクター・ふなっしーがドラマ初主演を飾った『ふなっしー探偵』(フジテレビ系、午後7時57分~9時54分)が、7日に放送された。主演ふなっしー、相手役にアンジャッシュ児嶋一哉というタッグでゴールデンタイムに殴りこみをかけた同ドラマには、情報解禁直後からネット上で「こんなの誰が見るの?」「本気で視聴率が獲れると思っているのかな」「フジが血迷った」という声が噴出。そして結果は、大方の予想通りに“大爆死”となってしまった。

 『ふなっしー探偵』は、代々警察官の家系である平塚平助刑事(児島)と、秘密裏に捜査協力している“探偵”ふなっしーが、東京で発生した無差別テロ事件を解決するというストーリー。共演にはおかずクラブ・ゆいPにトレンディエンジェルら芸人勢や木下ほうか、また「ぐんまちゃん」や「ちっさいおっさん」などゆるキャラが勢揃いした。

「新春のスペシャルドラマだけに、情報番組や前番組である『VS嵐』にふなっしーが参戦するなど、フジとしても番宣に力を入れていた印象です。しかし平均視聴率は、『VS嵐』から5%以上ダウンの6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。同時間帯での民放最下位の視聴率で、大爆死を喫しました」(テレビ局関係者)

 同時間帯の民放では、日本テレビの『あのニュースで得する人損する人』が13.9%、『秘密のケンミンSHOW』が13.1%、TBSの『予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!』が9.1%、テレビ朝日の『甦る歌謡曲』12.9%、テレビ東京の『世界140カ国を制覇せよ!全世界の衝撃映像SP』が1部7.9%、2部9.9%を記録し、フジは大惨敗。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品