0

完璧な嫁・北川景子でなければ無理!? DAIGOの華麗なる「超個性的」家族

2016年1月12日 17時00分 (2016年1月14日 09時00分 更新)

 11日、女優の北川景子と、歌手のDAIGOが入籍したことを発表。同日には2人そろって記者会見を開き、金屏風を背にその「ラブラブ」っぷりを披露。喜多嶋舞大沢樹生の実子裁判や、ベッキーの不倫など最近は暗めのスキャンダルが多かっただけに、ネット上でも「久々にいいニュース」という祝福の意見が大半である。

 北川は、多くの女性の憧れであり、男性から見ても文句のない美人として認められている存在。これまで多くの有名人と浮名を流してきたことを考えれば、コミュ力も相当高いに違いない。記者会見でDAIGOが「景子ちゃんの料理が本当においしい」と語っていたとおり、家事もお手の物のようだ。まさに完璧である。

一般の目線からすれば「非の打ち所のない」北川。記者は、彼女なら夫であるDAIGOの“超”がつくほどの個性的な一家でも、うまくなじめるのではと期待する声が多いと語っている。

「DAIGOの祖父が元総理大臣の竹下登氏であることは有名ですが、超名門の血族とあって、家族もやはり『浮世離れ』しています。父は大手新聞の敏腕記者から竹下氏の次女と結婚して義父の私設秘書となった人物。武道もたしなんで厳格な人物だそうです。姉である漫画家の影木栄貴氏は相当なオタクらしいです。弟であるDAIGOとは大変仲良しだそうで、新曲の歌詞をまず姉に見せるという話もあり、ベッタリな関係とか。このエピソードだけでも『クセ者』ぞろいであることが伝わってきますが、北川ほどの“匠”なら、難なく順応できそうですよね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品