SMAP生謝罪、直前の様子明らかに - 木村から現場入り、中居に立ち位置指示

2016年1月19日 12時38分 (2016年1月19日 16時30分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

『めざましテレビ』、『とくダネ!』など19日のフジテレビ系情報番組内で、前夜の"SMAP生謝罪"の放送直前の様子が公開された。

SMAPのメンバーは、18日放送のフジテレビ系『SMAP×SMAP』を一部生放送に変更した上で、一連の解散・分裂危機騒動を謝罪。横一列に、左から中居正広草なぎ剛木村拓哉稲垣吾郎香取慎吾の順で並び、冒頭と締めのあいさつは木村が行った。今後も活動を継続していく意向は示したものの、グループの存続宣言や解散を否定するなどの明確な発言はなかった。

一夜明け、『めざましテレビ』、『とくダネ!』、『ノンストップ!』などでもこの話題を特集。中でも『とくダネ!』は冒頭から約40分にわたって伝え、約2分43秒の謝罪映像を計3回放送した。

生謝罪の直前の様子を捉えた映像によると、メンバーは22時すぎごろにスタジオ入り。まずは木村がスタッフにあいさつしながら現場に入り、稲垣、草なぎ、中居、香取の順で続いた。

スタジオに並ぶところで、スタッフから「場当たりご説明します。中居さん、一番下手(左)で」と立ち位置の指示と共に、「みなさんからコメントをいただきます。頭10時15分からVTRがスタートしますので、約4分後生放送に入ります」とアナウンス。木村は腕時計で時間を確認するようなしぐさを見せ、それぞれ神妙な面持ちで生放送に臨んでいた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)