ジャニーズ事務所が情報操作で隠した“真相”と、報道と入れ替わる“裏切り者”の構図

2016年1月19日 22時00分 (2016年1月23日 12時40分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 先週から日本を激震させているSMAP解散問題。昨日18日は会見でなく『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で謝罪し一応の落着となったが、それはまったくの茶番だ。そもそも騒動の発端は副社長のメリー喜多川が「(娘のジュリーと対立するなら)SMAPを連れて今日から出て行ってもらう」と飯島三智マネジャーに言い放った挙げ句、解雇したからではないか。SMAPに向けても「出て行け」といったメリーさん89歳。大混乱の元凶はこの高齢副社長とそれに右往左往するしかなかった旧態依然とした芸能マスコミか。

第299回(1/14~19発売号より)
1位「“木村の裏切り”“中居の怒り”それでもSMAPは解散しない!!」(「週刊女性」2月2日号)
2位「中居正広『僕たちはSMAPがあってこそ…』“育ての母”へ『惜別の誓い』を――SMAP『5人の絆は終わらない!!』」(「女性自身」2月2日号)
3位「船越英一郎 松居一代を離婚! 『耐えて忍んだ15年』全記録」(「女性セブン」1月28日号)

 日本中がSMAP問題で持ち切りの1週間だったが、そこで露になったのがジャニーズタブーに毒された芸能マスコミの腰抜けぶりだった。そんな中、ジャニーズキラーの「週女」が放った特集は、期待通り異彩を放っている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)