土屋太鳳はどうしてそんなに美しい?バレンタイン&恋の質問に照れ

2016年2月4日 21時07分 (2016年2月5日 08時36分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「2016年 第40回エランドール賞」新人賞を受賞した土屋太鳳(C)モデルプレス

土屋太鳳/モデルプレス=2月4日】女優の土屋太鳳が、日本映画テレビプロデューサー協会主催の「2016年 第40回エランドール賞」新人賞を受賞。4日、都内で行われた授賞式後、報道陣の囲み取材に応じた。

NHK連続テレビ小説「まれ」ヒロインでブレイクし、映画『図書館戦争-THE LAST MISSION-』、TBS系日曜劇場「下町ロケット」など数々の話題作に出演。「本当に嬉しいです。たくさんの方々が背中を押してくださったので、今日は緊張したんですけどひとつひとつ感謝を伝えようと壇上に立ちました」と心境を語り、自信のきっかけとなった作品を聞かれると「『まれ』は私の中でありえないくらい苦しくて、でもありえないくらい幸せな役だったなと思います」と噛みしめるように振り返った。

◆バレンタインの予定は?

間近に迫ったバレンタインデーの予定は「今、映画のレッスンが入っているのでそういう(現場の)方々に作って持って行きたいです。そういう時にしっかり感謝を伝えたい」とニッコリ。その輝くオーラに「どうしてそんなに美しいんですか?」との“直球”質問も飛び、「本当にそんなことないです!」と照れながら恐縮。「恋はしていない?」との追求には「恋はしていないです」としつつも「21歳になったので、自分よりも誰かを大切にできる女性になりたい。でも不器用なので、お仕事を頑張って、ひとつひとつ心を豊かにしていきたいですね」と真摯に語った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)