0

光宗薫「りんご1個とか」極端すぎる食生活に、明石家さんまも絶句

2016年2月4日 14時00分 (2016年2月7日 16時33分 更新)
 2月2日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に光宗薫(22)が出演。その極端な食生活を語り、明石家さんま(60)らを驚かせた。


 この日のテーマは「話題の芸能人がヒミツの悩みを告白」というもの。松本利夫(40)がEXILEのパフォーマーを引退したことで、トレーニングに身が入らず太ってしまうかもしれないと悩みを告白したことから、話題はそれぞれの体重管理の話に移っていった。ここでさんまが話を振ったのが、スレンダーな体型の光宗だ。以前よりその細身の体型が話題になってきた光宗だが、本人いわく食に興味がなく「本当に動物園のゴリラと同じ食生活してて、りんご1個とか」しか食べていないのだという。さらに食べるのはキャベツやりんごのように調理せず生で食べられるものだけ。冬は使わないために冷蔵庫の電源も切りっぱなしなのだという。この極端な食生活にはさんまもツッコミを忘れ「えーっ!?」と驚き、「これはちょっと違うな」と、戸惑いを見せていた。


「光宗はAKB48時代、『アイドルとしては細すぎる』とたびたび指摘され、意識的に太ったことがあったようです。脱退後の活動はモデルや女優がメインのため、細くても仕事に影響はないのでしょう。しかし、昨年の11月にはツイッターで『打ち合わせ後に身体測定してもらったら、以前よりウエストが5cm痩せていて嬉しい。しかしバストも痩せていました。人生厳しいです。』とツイートをした際には、ファンから健康面を心配する声が数多く寄せられていました」(アイドル評論家)——痩せたい、というのは多くの女性にとって願望なのかもしれないが、健康管理だけはしっかり行ってほしいものだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品