隠してきた?ディーン・フジオカが今後、恋愛ドラマに出演できない身体的事情

2016年2月5日 17時59分 (2016年2月9日 10時01分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月2日に放送されたテレビドラマ「ダメな私に恋してください」(TBS系)第4話の視聴率が9.8%だったことがわかった。この記録は同ドラマの放送開始以来、最高の視聴率だという。

「『ダメな私に恋してください』は、初回視聴率9%でしたが、そこから徐々に数字を上げていき、最新話では9.8%を記録。次回はついに2ケタ台に到達する可能性が出てきました。この視聴率上昇は、朝ドラで大ブレイク後、様々なメディアが彼を取り上げ、さらに『あさが来た』の出番も終了したことで、多くの女性視聴者が流れてきているのでしょう」(テレビ誌記者)

 ドラマ「ダメな私~」では、優しさを兼ね備えたドSキャラとして、世の女性達を魅了しているディーン・フジオカ。

 今後も、その端整な顔立ちと高身長を活かし、恋愛ドラマに引っ張りだことなりそうだが、ここにきてある障壁が立ちはだかっているという。

「これからの季節、ディーンをドラマに起用するうえで問題となるのが、右手に彫られているタトゥーです。彼が活躍していた海外では珍しくなくても、日本のドラマ出演者が、タトゥーをしているという状況はまずありません。今は長袖で隠せますが、薄着の季節はそうもいかないため、役を演じるうえで邪魔となってしまうのです。仮にパテで隠したとしても、不自然さは残りますからね」(芸能記者)

 海外ではファッションとして受け入れられているタトゥー。しかし多くの日本人が持つタトゥーへの印象は、決して良いとは言えないため、今後、この問題が彼の活動の幅を狭めてしまうことになるかもしれない。

森嶋時生

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)