仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々

2016年2月5日 07時00分 (2016年4月13日 19時33分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さらば あぶない刑事』では課長に出世

[その他の写真を見る]

 1月30日公開の映画『さらば あぶない刑事』が初日の観客動員10万人を記録し、最高の滑り出しを見せている。

 1986年のドラマスタートから今年で30年。映画7作目となった今作でも、舘ひろし(65才)と柴田恭兵(64才)の“タカ&ユージ”コンビは健在で、「あと5日で定年退職」という設定ながら「衰え知らずの2人! シリーズ最高傑作」と往年のファンは大興奮だ。いくつになっても変わらない破天荒ぶりを見せる2人とは対照的に、新人から課長へと出世する成長を見せたのは町田透を演じる仲村トオル(50才)だ。

 仲村は昨年デビュー30周年を迎えた。大学在学中に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で主演デビュー。『あぶデカ』で大ブレークし、連ドラへの出演は30本を超える。

 そんな仲村は1995年に女優・鷲尾いさ子(48才)と結婚。鷲尾は15才でモデルデビュー、1989年に出演した清涼飲料水『鉄骨飲料』のCMで一躍人気女優となった。

「芸能界でも有数の口べたなふたりが交際10か月で結婚。あの会見(鷲尾が涙を流し、人々の感動を呼んだ)には驚きましたね。その後も仲村さんは一度も浮いた噂もなく、理想の夫婦といわれていました。2人目のお子さんを産んでからは鷲尾さんは家事と子育て中心の生活でしたが、出産後もふたりでシャンプーのCMに夫婦共演して話題になりました」(ベテラン芸能記者)

 1999年に長女が、2004年に次女が誕生。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)