0

斎藤工 初主演連ドラ掲示板メッセージに励まされた5年間

2016年2月9日 07時00分 (2016年2月9日 07時33分 更新)

5年ぶりSPドラマ『最上の命医2016』に出演する斎藤工

[拡大写真]

 紺色のコートをさらりと羽織り、冬の晴れ空を優しく愛おしそうに見つめる。そのまなざしは今回、斎藤工(34才)がドラマスペシャルで演じる『最上の命医2016』(テレビ東京系で2月10日から放送。21時~23時8分)の天才小児外科医・西條命(さいじょうみこと)そのものだ。

「5年前に放送された連続ドラマ版は、ぼくにとって連ドラ単独初主演作と特別なもの。5年たっての続編は特殊なケースだと思いますが、放送終了後も番組ホームページの掲示板にメッセージがずっと書き込まれていたんです。そこには“続編を希望します”といった書き込みもありました。

 この5年間、苦しいときはそのメッセージを見るようにしていたんです。それがようやく続編というかたちで実現して、ずっと書き込んでくれていた人たちに、やっとお礼ができるなと」(斎藤、以下「」内同)

 その中には実際、小児科医を目指している人もいるそう。

「ドラマを見て、“小児科医になりたい”と書き込みもあったり、5年間、ぼくあてに手紙で報告してくださったかたもいました。そのかたは、今年の4月に晴れて、小児科医になるそうです」

 ドラマでは『無限の樹形図』という言葉がたびたび出てくる。これは“子供の命を救うことは未来を救う”ことを意味する。

「西條命はそこにブレがないから、迷わず他者の命を優先する。彼の口癖に“見殺しよりも人殺しのほうがいい”というものがありますが、これは責任をとる覚悟があるから。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品