0

さんま「頑張ってお金を回そうとしている」- 日本経済への意識に感嘆の声

2016年2月12日 08時26分 (2016年2月12日 13時10分 更新)
お笑いタレントの明石家さんま(60)が、11日に放送されたテレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋 祝40周年 最強夢トークスペシャル』(19:00~20:54)にゲスト出演し、日本経済の活性化のために「頑張ってお金を回そうとしている」と語った。

さんまは、娘でタレントのIMALUの結婚の話になると、「孫が生まれるまで会わない。孫ができてやっと男を許せる」と話し、結婚相手に「会いたくない」、結婚式にも「行かない」とコメント。「どんな条件でも嫌。真面目でも嫌だし、ふざけたヤローでも嫌」と言い、「IMALUを優しくずっと愛し続ける保証はない。こんな男でIMALUを幸せにできるわけがないと思ってしまう」と語った。

そして、「真面目で将来のお金が保障されている人。安定している人。聞き上手、お義父さんの話を」と条件を挙げ、所ジョージに「安定してなくても大丈夫でしょ。さんちゃんに財があるから」と言われると、「おれの財産目的で結婚したらあかんやろ!」と発言。すると黒柳徹子から「お金いっぱいあるの?」と素朴な質問が飛び出し、さんまは思わず「は?」と聞き返した上で、「ま、いっぱいあるよ(笑)。おかげさまで今は」と返した。

使い道の話になると、「後輩を飲みに連れて行ったりとか外で食事せなあかんし、そういうのでお金は人よりも使ってます」と説明。「今、頑張ってお金を回そうとしているから。不景気って言うけど、働いてそれなりに収入ある人が外で使ったら回る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品