また打ち切りか!?桐谷美玲主演ドラマに「大学生に見えない」と辛辣意見が続出

2016年2月19日 17時59分 (2016年2月23日 18時01分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月12日に放送された桐谷美玲主演のテレビドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」(テレビ朝日系)第2話の視聴率が4.6%だったことがわかった。同ドラマは初回から大きく数字を下げてしまった。

「初回は視聴率7.8%と深夜ドラマとしては、まずまずの数字だったのですが、2話にして早くも4.6%まで下がってしまいました。桐谷といえば、昨年放送されたフジテレビとネットフリックスの共同制作ドラマ『アンダーウェア』が、金曜21時台というゴールデンタイムながら視聴率3%台という低い数字を記録。その結果、最終回の通常放送は打ち切られ、夕方の時間帯に移動させられるという屈辱を味わいました。そのためこれ以上悪くなると、同じ悪夢が繰り返される可能性があります」(テレビ誌記者)

 そんな「スミカスミレ」の内容は、65歳まで恋愛経験のなかった女が、20歳の姿に若返り、大学生活を送るという物語である。

 そのため主演の桐谷だけでなく、同級生役も20歳という設定なのだが、その出演者達の容姿について、視聴者からは厳しい声が上がっているという。

「視聴者からは出演者の年齢に関するツッコミが飛び交っています。なぜなら登場人物は20歳の大学生という設定ながら、主演の桐谷はすでに26歳。またイケメン同級生役の町田啓太は25歳で、友人役の秋元才加は27歳と、ドラマの年齢より大きく年の離れた役者ばかりが登場します。そのため視聴者からは『大学2年にしては全員老けすぎてる!』という厳しい意見が上がってしまうのです」(前出・テレビ誌記者)

 先輩の堀北真希が結婚したことで、今後の所属事務所を率先して引っぱっていくとも言われている桐谷。はたして彼女は、この低視聴率の闇から抜け出すことができるだろうか。

森嶋時生

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)