アニメ『おそ松さん』が大ヒットした7つの理由

2016年3月21日 14時53分 (2016年3月23日 16時22分 更新)

アニメ『おそ松さん』が大ヒットした7つの理由

[拡大写真]

表紙になった雑誌は売り切れて増刷、ファミリーマート、大江戸温泉物語など、数々の企業とのコラボが後を絶たない大人気のアニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)。本サイトでは、『おそ松さん』がなぜそんなに人気なのか、基本事項から紹介します。

■パロディが豊富

まず考えられるのが、様々なパロディがあり、それが話題になっているということ。マンガの『花より男子』(集英社)のF4のパロディともいわれるイケメンキャラとして登場することもあれば、スリラー映画の『SAW』や、『マッドマックス 怒りのデスロード』、『ドランクモンキー 酔拳』などの映画作品までと多岐にわたり、毎回まとめサイトが更新されるほどである。

■声優の魅力

おそ松さん』の声優は、櫻井孝宏中村悠一神谷浩史福山潤小野大輔という6人が担当していて、イケボ(イケメンボイス)揃い。しかも、そのキャスティングの発表も、全員一斉にではなく、日をおいて徐々に発表されたため、期待も高まった。また、イヤミ役の鈴村健一がパーソナリティを務めるWEBラジオも放送されている。13日には、千葉・舞浜アンフィシアターで、「『シェーWAVE おそ松ステーション』ファン感謝イベント ~チミ達と一緒にシェーザンス!~」が開催され、4,000人を超えるファンが参加。全国18ヶ所の会場でのライヴビューイングも行われた。

■ダメなところも魅力

おそ松さん』の6人は、ニートで、それぞれに欠点も多い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品