0

「美味しんぼ」連載終了の意向、原作者が構想「楽しく騒いで大団円」。

2016年3月22日 21時09分 (2016年3月24日 00時00分 更新)
マンガ「美味しんぼ」原作者の雁屋哲氏(74歳)が3月22日、公式ブログを更新し、同作を終了する意向であることを明かした。

「美味しんぼ」は2014年5月を最後に休載期間に入っているが、雁屋氏は久々に更新したブログで「『美味しんぼ』は現在休載しています。ずいぶん長い休載ですが、終了したわけではありません。ただ、再開云々については、今、私の一存では言えません」と言及。

休載前最後のエピソードでは、福島第一原発を見学した主人公・山岡士郎らが鼻血を出すシーンが描かれ、これが問題視されたが、雁屋氏は「念を押しておきますが、今回の休載は、例の鼻血問題で各方面から圧力がかかったからではありません。鼻血問題とは、全く関係がありません」と説明している。

また、「美味しんぼ」の連載について「しかし、いくら何でも連載30年は長すぎだ。そろそろ終わりにしたいと思っていますが、どんな形で終わらせるか」と、連載終了についても触れ、「今までの登場人物総出演で、美味しい食べ物の話でどんちゃんどんちゃん楽しく騒いで大団円。そう考えています」と、現時点での構想を披露した。

なお、具体的な連載再開、および連載終了については「スピリッツ誌からのお知らせを、今少しお待ちください」としている。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20160336761.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品