0

"ソロハラ"も流行語に!? 「結婚して一人前」という風潮

2016年4月10日 12時00分 (2016年4月19日 20時52分 更新)

"ソロハラ"も流行語に!? 「結婚して一人前」という風潮

[拡大写真]

この数年というもの"ハラスメント"の細分化が止まらない。広い定義では「様々な場面においての嫌がらせやいじめの事」を指す言葉だが、"○○ハラスメント"の数は増え続けている。「セクハラ」や「パワハラ」」はすっかり浸透したものとして、年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」など、2014年は「マタハラ」「家事ハラ」、2015年は「オワハラ」と「モラハラ」がノミネートと破竹の勢いだ。
そして近頃チラホラ見かける新しい言葉が…「ソロハラ」である。「結婚して一人前」「結婚しないうちは昇進は無理」など、独身を貫くライフスタイルを認めない職場・姿勢を指すらしい。
NewsCafeのアリナシコーナーにも、ユーザーから「結婚して一人前…アリかナシか」というテーマが寄せられたようだ。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…17.4%】
■冠婚葬祭など、すべて親でなく自分でやるという意味では一人前。
■まぁ妻帯者で僕よりロクでもないやつなんてごまんといるけどね。
■人間も動物です。つがいになるのが自然の姿です。
■たぶんね。だから独身の自分はなめられやすい。
■私は半人前ですが世間一般的にそういう風潮が強いでしょう!
■夫の職場は結婚していなければ一人前とは見なさず出世できない。
■更にバツイチになれば完璧だ(笑)。
■結婚してないが。子供がいないので死ぬまで子供。
■子供産んで育てて、仲人の1件でもしたら一人前かな。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品