0

芸能人もおびえる…過激化する「暴走ネットクレーマー」の呆れた生態

2016年8月16日 08時00分 (2016年8月18日 15時33分 更新)
「ニュース見てます?」「不謹慎です」。熊本地震発生直後、芸能人のSNSにはそんなコメントが溢れ返った。「藤原紀香の<火の国の神様、もうやめてください>とのブログは“自分に酔ってる”と大炎上。やがて、この一文は削除されました。500万超の募金額が書かれた振込用紙の写真をアップした紗栄子には“偽善”“売名”などの批判が殺到しました」(芸能記者) 被災者の井上晴美すら、「現地の状況をブログで発信したところ、“愚痴りたいのはお前だけではない”などの書き込みがなされ、更新をやめました」(前同)


 こうした状況について、「無力感が関係している」と語るのは、『ネット炎上の研究』(勁草書房)の共著者である国際大学グローバル・コミュニケーションセンターの山口真一助教。「一般の人ができることって、少額の寄付ぐらい。他方、芸能人は多額の寄付もできるし、ボランティアに行けば英雄扱いされるなど影響力を持っていますよね。これに対し、“不謹慎”“売名だ”などと叩くことで自身の無力感を解消しているのかもしれません」(前同)


 実は、こうしたネットクレーマーは意識が高すぎて暴走する側面もあるという。「炎上参加者は“ヒマで教養のない社会的弱者”というのが定説でしたが、2万人弱のアンケート調査を分析したところ、学歴は関係なく、子持ちの若い男性で、年収が高いほど炎上参加率は上昇。ネット右翼についての過去の研究でも、年収800万円以上のクラスの比率が高いという結果が得られています」(前同)


 さらに、決定的なのはネットに対する考え方だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品