0

坂口杏里のアンダーヘア論争にみる「永久脱毛すべきか」問題

2016年10月9日 06時00分 (2016年10月12日 05時13分 更新)


10月1日、坂口杏里(25)の『芸能人ANRI What a day!!』が発売された。発売前から話題だっただけに、ネット通販サイトなど同日のDVDランキングで見事1位を獲得。だが坂口のアンダーヘアが”未処理”だったことについて、早速ネット上では賛否両論の声が上がっている。



《胸とおしりが汚すぎる上に毛の処理すらされてないし……》


《芸能人なのにアンダーヘア未処理ってどうなの?》



そんな批判的な声も多いなか、“あえて未処理”を絶賛する人も。



《手入れしてないの最高じゃん》


《最近の若い子みんなツルツルだから逆に新鮮!》



近年、若い女性を中心にアンダーヘアの脱毛は日本でも一般的になっている。アンダーヘア全てをレーザーなどで永久に脱毛する“VIO脱毛”や“ハイジニーナ脱毛”も大流行。ある大手脱毛サロンのアンケート調査では、20~40代女性の約60%がサロンでの“VIO脱毛”経験者だというから驚きだ。



そんな今や若い女性の間では当たり前になってきたアンダーヘアの永久脱毛だが、坂口杏里肯定論からも分かるように、“VIO脱毛懐疑派”も少なくない。実際、都内在住の20代女性はこう語る。



「ミーハーに見える坂口杏里さんが、アンダーヘアを全く処理していないのは意外でしたね。流行に流されないタイプなんだと、好感度アップしました。実は私、勢いでVIO脱毛したことをちょっと後悔してるんです……。温泉に入る時も恥ずかしいし、永久脱毛だからもう一生生えてこないですからね」



日本よりアンダーヘア脱毛が進んでいる欧米でも、キャメロン・ディアス(44)が「アンダーヘアの永久脱毛はしないほうがいい!」と主張したことで話題になった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品