0

超美少女モデル・飯豊まりえ、ついにブレイクか...話題作に立て続けに出演で人気爆発の気配

2016年10月23日 17時00分 (2016年10月27日 19時00分 更新)

超美少女モデル・飯豊まりえ、ついにブレイクか...話題作に立て続けに出演で人気爆発の気配

[拡大写真]

 セレブ女子高生たちの騙し合いと裏切りが浮き彫りになる壮絶な内容となっているが、生徒役は清水をはじめ、清野菜名(22)、玉城ティナ(19)、小島梨里杏(こじま・りりあ/22)、平祐奈(17)と旬の美女ばかり。ここに飯豊が「主演」のひとりとして起用されたことからも、業界内の期待の高さが伝わってくる。

 さらに、岡田将生(27)、鈴木浩介(41)、遠藤憲一(55)の軽妙なやり取りが人気を博した深夜ドラマ『不便な便利屋』(テレビ東京系)の単発スペシャル『不便な便利屋 2016 初雪』が年末年始に放送予定となり、そのヒロインに飯豊が抜擢された。ここまでくれば「いよいよ本格ブレイクか」という声が上がるのも当然だ。

 もともとジュニアモデルとして活動していたこともあり、デビュー当初は同年代の少女のファンが多かった飯豊。モデル業と並行してドラマ出演を重ねていたが、当時は抜群の素材でありながら男性ファンからの注目度が低かった。

 しかし、昨年にNHK朝の連続テレビ小説『まれ』でヒロイン役の土屋太鳳(21)が切り盛りする店のアルバイト役に起用されたことをきっかけに知名度が急上昇。さらに同年9月に人気アニメを実写化したスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)で鶴見知利子(つるこ) 役に抜擢され、美少女ぶりが知れ渡ったことで男性ファンが急増した。口うるさい原作ファンから「一番原作キャラに近い」「つるこだけは許せる」と太鼓判を押されたほど評判が高かった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品