0

三上悠亜が赤裸々告白「前にいたグループを見返したい」「アダルト界の驚愕ギャラ」

2016年11月11日 01時43分 (2016年11月11日 16時11分 更新)

三上悠亜

[拡大写真]

 セクシータレント・三上悠亜(23)が11日、テレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演し、国民的アイドルグループ卒業の経緯とアダルト界の驚がくのギャラ事情を告白した。

 三上は2009年に国民的アイドルグループのメンバーになり、グラビアでも活躍したが14年に卒業。15年に改名し、MUTEKIでAVデビューした。現在はセクシーユニット「恵比寿★マスカッツ」メンバーとしても活動している。

 三上がアイドルグループを辞めた原因は2つのスキャンダルだった。最初は16歳のときで「アイドルになれたのがうれしくて、恋愛に興味を持つようになって、ファンの方と路上で話しているところをメンバーに目撃された」のだという。ファンとの“つながり”が噂され、降格処分になった。その後、再昇格を果たしグラビアでも活躍するまでになったが、「20歳になって、また浮ついちゃいました」。仕事で東京に出てきたときに友達に誘われて食事会に参加したのだが、ハイになって記憶をなくした三上は初対面の男性とのキス現場を週刊文春に報じられたのだ。三上は、当時の状況について「1回チューしたのは覚えているんですが…雑誌を読んだら何回もしていた」と振り返った。

“文春砲”を浴び「グラビアのお仕事もなくなり、(誰でも参加できる)握手会とかラジオくらいしか出番がなくなった」と干されるようになった三上は「毎日ヒマだし、20歳の区切りとして辞めました」と卒業を決めた理由を明かした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品