0

古川雄輝、クリスマスは「もう大っ嫌い! そもそもカップルで過ごす日じゃない」

2016年11月25日 05時00分 (2016年11月28日 04時13分 更新)
映画『L-エル-』に出演する古川雄輝 撮影/高梨俊浩

 20万枚以上のセールスを記録し『CDショップ大賞2016』の入賞作品に選出された、ロックアーティストAcid Black Cherryのコンセプトアルバム『L−エル-』。その世界観を広瀬アリス主演で完全映画化し、11月25日(金)より全国ロードショーとなる。



 古川雄輝が演じたのは、エル(広瀬)の幼なじみで絵描きのオヴェス。



「実際の僕ですか? 絵は……へたくそです。それもかなり(笑)。エルは、男性目線から見ると“それやっちゃダメでしょ”ってことを全部するんですよ。だからこそ最後は幸せになってくれたらいいなと思わせる女性でした」



 エルを演じた広瀬とは、意外なところで仲間意識が!?



「彼女が控室でアニメの曲を流していたので、“アニメ好きなの?”って話しかけて、お互いの好きなアニメの話をしました」



 秋が好きで、寒いのは苦手だと話す。来月に控えるクリスマスの話題になると「大っ嫌い」と、衝撃のひと言!



「もう大っ嫌いなんですよ、ほんと(笑)。そもそもカップルで過ごす日じゃないですし、キリスト教じゃないじゃんって。そういうときこそ、ふだん予約が取れないような店に行くのがいいと思います(笑)」



 古川が愛したくなる女性はどんな人だろうか。



「感謝の気持ちをしっかり“ありがとう”と伝える、そういうことをナチュラルにできる女性は素敵だなと思います。僕が女性にできることは、相手を優先してあげることくらいじゃないかな。食べたいというものを食べさせてあげたいですし、喜んでくれるなら何でもしてあげたい。何気ないことを自然にできる男になりたいですね」

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品