14

成宮寛貴の乱行写真を売る“知人”……「家族」と信じた“取り巻き”の蛮行

2016年12月13日 21時00分 (2016年12月17日 12時40分 更新)
 ということで、今週の女性週刊誌各誌もこの話題を取り上げているが、特に注目したいのが「女性自身」だ。記事は9日の引退発表の前日、成宮の所属事務所社長が水谷豊の元を訪れ、緊急の話し合いを持ったということがメインとなっていて、タイトルもそうだ。しかし「自身」には話し合いとはまったく関係ない衝撃の写真が掲載されている。

  それが成宮の“乱行写真”だ。

「自身」はこの写真を、「フライデー」に証言した人物とは別の“知人”から入手したという。成宮の周りには常に取り巻きがいて、ときにホテルのスイートルームを借り切ったり、ときに自宅に招いては大騒ぎしていたらしい。そして成宮はそうした友人たちを「家族」と信じていたが、「自身」に写真を提供したのも、そうした取り巻きの1人なのだろう。

 全然「家族」なんかじゃない。

 一方で、成宮にしても「フライデー」での証言が事実なら、「家族」にコカインを買わせたり、セクハラもどきのことをしていたことになる。さらに「フライデー」の告発者には、告発した理由がまがりなりにもあったが、「自身」の写真提供者にはない。単なる便乗だ。

 成宮はロクな人間関係を持っていなかった。

 芸能界を電撃的に引退した成宮だが、今後もマスコミだけでなく取り巻きの格好の餌食となり続ける可能性は高い。海外に逃げてる場合じゃないと思う。

 年末になるとメディアがやる企画の1つが“今年鬼籍に入った著名人”特集だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 14

  • わっかん 通報

    なんなんだこのコピペ記事は・・・

    82
  • クソフライデー 通報

    証言、写真、録音テープが揃い、取材の結果それらに相当性があったならば、週刊誌は当然報じるものだ。それが週刊誌ジャーナリズムの本分だろう。 弱い者しか叩けないクセにジャーナリズム騙ってんじゃねーよ

    58
  • ぶんちゃん 通報

    自分に合わない意見はボロクソ、ジャーナリストとは言えんな。 浅いところばかり掘り起こしてどうするんだ。どこからかパックてきた記事かい。

    41
  • ノラ猫さん 通報

    文章下手すぎ。 一昔前のなんちゃってAIbotみたい。

    13
  • てっちゃん 通報

    たかが、金持ち令嬢の戯言だ。そんなものに迎合する積りはない。只の駄文だ。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品