0

DAIGOの“濃厚キス”に衝撃「何かが弾けちゃって…」

2017年1月11日 11時59分 (2017年1月11日 17時36分 更新)

「Good Time Music」に出演したBREAKERZ(左から)SHINPEI、DAIGO、AKIHIDE(画像提供:TBS)

DAIGO/モデルプレス=1月11日】DAIGOがボーカルを務めるロックバンドBREAKERZが、10日深夜、TBS系音楽番組「Good Time Music」(毎週火曜24:10~※関東ローカル)にゲスト出演した。

◆DAIGO「俺、この人とキスしたい」

番組では、ファンへのインタビューを元に「ファンしか知らないBREAKERZの驚きパフォーマンスベスト3」を発表。1位は「REAL LOVE」(2007年)で、DAIGOがギターのAKIHIDEとキスをするパフォーマンスが「ディープすぎる」と紹介。曲の途中でAKIHIDEに歩み寄り情熱的なキスを何度も交わし、最後は押し倒すというライブ映像が流れ、スタジオは大盛り上がり。司会の及川光博は「ボーカリストとギタリストが勢い余ってキスするというのは、ロックの伝統でもあるけども、あそこまでとは…すごいね」と言葉を失うほど驚愕した。

DAIGOは「初めての武道館でこの曲をやったときに、俺の何かが弾けちゃって。今までキスまでしてなかったんですけど『俺、この人とキスしたい』と思って、気付いたらしちゃってました」と理由を告白。AKIHIDEもそれまではキス寸前で終わっていたため、「衝撃でした」と回顧。

また、同じくギターのSHINPEIには何故しないか、と聞かれるとDAIGOは「正直言うと、俺的にはAKIHIDEさんの方がタイプ」と明かし、笑いを誘った。

◆「ファンしか知らないBREAKERZの驚きパフォーマンスベスト3」

なお、3位は観客もともにヘッドバンギングする「DESTROY CRASHER」(2008)、2位は観客も踊る「BAMBINO~バンビーノ~」。

同バンドはスタジオで「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」(1月18日リリース)をパフォーマンス。このほか、back numberも出演した。(modelpress編集部)
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品