0

アンジュルム・相川茉穂、パニック障害のため活動休止を発表

2017年1月11日 23時28分 (2017年1月13日 15時20分 更新)

活動休止を発表したアンジュルム・相川茉穂 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 アイドルグループ・アンジュルム相川茉穂(17)が11日、自身のブログを更新し、「パニック障害」のため活動を休止することを発表した。

 相川は「私は以前から呼吸困難、吐き気、恐怖感などの症状がありました。何度か病院にも通っている中で『パニック障害』と診断され、最近では頻繁に発作が出るようになり、ステージなどでも起きてしまう事があったので、今の活動が困難になってしまいました」と報告。

 治療法については「お医者さんから『治すためにはまずは休養する事』との診断があった為、しばらくお休みを頂く事になりました」と明かし、「メンバーやファンの皆さん、スタッフの皆さんに沢山迷惑とご心配をおかけする事になってしまい、ごめんなさい」と謝罪した。

 「パニック障害」について「少し偏見があるかもしれないのですが、脳の病気でもあるので、その偏見を少しでも減らして私と同じパニック障害の人達とも一緒に闘っていきたい」と思いをつづり、「今は治療に専念して、私なりに頑張るので待っていて下さると嬉しいです」と呼びかけている。

 グループ公式サイトでも同様の発表があり、アップフロントプロモーション代表取締役の西口猛氏名義のコメントも掲載。「一番驚き、戸惑っているのは相川本人だと思います」と心境を察し、「彼女の『アンジュルムの活動を続けていきたい』『克服して、同じ病と診断された他の人の励みになれれば』という思いを汲んで、会社としてもアンジュルムのメンバーともども見守っていきます」と脱退ではないことを明言した。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品