0

コミックエッセイ『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』が総合1位

2017年1月12日 04時00分 (2017年1月13日 05時00分 更新)

『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』2巻(鴻池剛/KADOKAWA)

[拡大写真]

 人気WEB作家・鴻池剛(こうのいけつよし)氏のコミックエッセイ『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』の最新2巻(昨年12月31日発売)が、週間6.1万部を売り上げ、1/16付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で首位を獲得した。

 同作は鴻池氏が飼い猫“ぽんた”に翻弄される日々を描いたシリーズ。最新作では、新入りの子猫“アルフレッド”も加わり、病気の状態で拾った当時の話や、子猫時代のぽんたのエピソードなどと合わせて、やんちゃに成長していく様子がつづられている。

 コミック部門では、1月よりテレビアニメ第2期の放送がスタートした『青の祓魔師』の最新18巻(加藤和恵/昨年12月31日発売)が週間21.5万部を売り上げ、先週1/9付の3位と週間13.4万部を順位・売上ともに上回り、16巻以来2作ぶり、シリーズ通算8作目の1位を獲得した。

 文庫部門では、シンガーソングライターで俳優の星野源による初エッセイ集『そして生活はつづく』(13年1月発売)が週間2.1万部で先週1/9付の8位から今週7位に上昇。同じく『働く男』(15年9月発売)も週間1.9万部で先週付9位から今週8位に上昇し、旧作ながら2週連続で2作同時TOP10入りを果たしている。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品