0

『べっぴんさん』キアリスが映画製作を開始! 一方で「うやむやエピソード」に視聴者不満

2017年3月14日 13時20分 (2017年3月16日 22時00分 更新)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『べっぴんさん』(NHK総合/月~土、午前8時) 戦後の焼け野原の中、坂東すみれ芳根京子)が家族のため、そして女性たちのために子ども服づくりに邁進していく物語。神戸に本社を置く子ども服メーカー「ファミリア」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■3月11日(土)/133話~3月14日(火)/135話
 133話では、オイルショックによって栄輔(松下優也)が社長を務めるエイスは売り上げが下がり、出資していた大手商社の社長・古門(西岡德馬)から見放されてしまう。結果、エイスの経営が破綻し、栄輔は行方をくらませることに。そんな中、潔(高良健吾)が偶然大阪で再会したと言って栄輔を家に連れてくる。あくまで「偶然」会ったと言う潔に、ネット上では「潔さん、きっと必死こいて栄輔を探したな」「こういうところがカッコいい」との声が続出した。

 134話で、家も仕事も失った栄輔は、潔の家に居候の身となっていた。一方、キアリス社長の紀夫(永山絢斗)は、積極的な経営から慎重な経営へと舵を切ることにしたものの、開発宣伝部の部長である健太郎古川雄輝)から反対の声が上がる。議論が進まない中で、すみれが突然、創業の思いを次世代に引き継ぐために「映画を作ろう」と提案。良子(百田夏菜子)の息子・龍一(森永悠希)に紹介されたプロカメラマン・亀田(上地雄輔)の助けを借りて、キアリスの映画作りがスタートする。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品