0

かわいさの追求に注がれた年月と情熱!! 驚きの進化を遂げていた、ケモナー向けラブドール第3弾「けものひめ 寧々」

2017年3月16日 23時30分 (2017年3月17日 21時00分 更新)

 数年の間に、どれだけの情熱が費やされたのか。

 2015年3月に誕生した、ケモナー専用ラブドール「けものひめ」シリーズ。その第3弾となる「けものひめ 寧々」に、各所から注文が殺到しているという。今回、3作目となる「けものひめ」は、いかなる進化を遂げたのか、話を聞いた。

 15年に発売された、シリーズ第1作「けものひめ きつの」は、情報がリリースされると、そのマニアックさゆえにか、あちこちで話題となった。この商品を開発した株式会社YOSは、もともと異業種の企業で「けものひめ きつの」が、アダルトグッズ参入の第1弾。何か新しいことをやろうと、試行錯誤の上に誕生したのが、これだった。

 多くのケモナーから支持を集めた「けものひめ きつの」であったが、まだまだ厳しい意見もあった。寄せられた意見を取り入れたのが、15年10月に発売された第2弾「けものひめ アーニャ」であった。前作との違いは、まず設定イラストをケモナーに造詣の深いイラストレーター・つじ氏(https://twitter.com/tsu_ji)に発注したこと。もっとも変化したのは、髪の毛が追加されたことだ。

「人形は顔が命です。そこで、より人間っぽくするには、どうすればよいのか考える中で、デザイナーさんからも髪の毛があったほうがよいという意見があったのです」(株式会社YOSのMさん)

 こうして格段に進化した「けものひめ アーニャ」であったが、開発陣はまだ満足をしていなかった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品