3

大人の事情で仕事殺到?新垣結衣の多忙が招く”メンタル不安”

2017年3月18日 18時00分 (2017年3月21日 17時05分 更新)

 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)での好演が話題を呼び、30歳を前にしてますます注目度が上がる、女優の新垣結衣(28)。現在は映画『ミックス。』の撮影真っ最中で、その後は7月から放送予定のドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- シーズン3』が控えるなど、多忙を極めている。所属事務所の期待の高さがうかがわれるが、その事務所が今、ゴタゴタ続きで揺れている。

「新垣の事務所はレプロエンタテインメント。女優・のん(能年玲奈・23)の独立問題で改名を余儀なくさせ、最近でも清水富美加(22)の出家騒動で薄給が告発されたばかり。事務所としては稼ぎ頭の新垣に働いてもらうしかない状態で、仕事の詰め込み過ぎが不安視されています」(芸能記者)

 宗教法人「幸福の科学」への出家と芸能界引退を表明した清水は、「数年前まで月給5万円」「交通費もままならなかった」「睡眠時間は3時間」などとレプロのブラックな労務環境を暴露した。レプロ側は「事実無根」と反論したものの、泥仕合の様相を呈している。一方で清水への報酬は1000万円を超えていたとの情報もあり真偽は不明だが、のんも待遇面での不満があったとされており、働きづらい環境であったことは想像に難くない。そんなレプロのブラックさを象徴するのが、御用マスコミを使った”メディア戦略”だという。

■明らかなオーバーワークでメンタル不安も

『週刊文春』(文藝春秋)の最新号では、ドラマ『絆~走れ奇跡の子馬~』(NHK)の収録で見せた新垣の様子を報道している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    やきもきではなくひやひやでしょう、この場合

    2
  • 通りすがり 通報

    別のサイトではレプロのせいで、仕事が入ってこないとか出てたけどね〜。マスコミもいい加減だね!

    0
  • 匿名さん 通報

    「絆~走れ奇跡の子馬~」は逃げ恥の数ヶ月前に撮影が終わっていた作品。逃げ恥前ってそんなにオーバーワークだった?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品