0

武井壮、世界5位の快挙も「負ーーけたーー!」世界マスターズ室内陸上60m

2017年3月21日 12時50分 (2017年3月21日 17時00分 更新)
タレントの武井壮(43)が、21日に韓国・大邱で行われた陸上のシニア選手権「世界マスターズ室内陸上競技大会」の室内陸上60メートル走(M40クラス、男子40~44歳)決勝に出場し、世界5位に入賞した。

武井は昨日20日に予選、準決勝と進み、きょうの決勝に進出。5位入賞を果たしたが、ツイッターでは「負ーーーけたーーー!!!!!世界室内決勝5位でした!!イギリス、ドイツ勢に立ち向かいましたが跳ね返された!!!クッソ!あいつら脚速え!!!」と悔しさを爆発させ、「またいつか遊びにこれるようにこれからも地道に鍛えるぜ!!」と宣言した。

さらに、「しかし短距離専門のヤツらは速いなやっぱ!なかなか勝てねえ!!悔しいけど走る順位だけじゃなく、仕事もプライベートも全部含めた人生で勝負できる仲間が世界中にいるんだなあ、って実感できて最高だなあ。。」としみじみ。「フォロワーの皆さん応援してくださってありがとう!メダルに届かなかくてごめんな!!!」とファンへのメッセージもつづった。

武井は、大学時代に陸上・十種競技で日本チャンピオンになっているが、実は陸上を始めたのは大学に入ってから。十種競技に関しては、競技歴1年半でチャンピオンになっている。陸上で日本チャンピオンになった後は、未経験のゴルフに転向し、アメリカにゴルフ留学したり(ベストスコア69)、茨城ゴールデンゴールズでピッチャーをつとめるなど、さまざまなスポーツで実績を残してきた。そして、「40代のうちにゴルフ、ビリヤード、ボーリングのプロ資格をとりたい」と発言。現在、まずは新たにビリヤードに挑戦中だという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品