0

南果歩は渡辺謙の不倫グセを知っていた? 闘病中の不倫、イタいプラ写の大量流出にも沈黙

2017年3月31日 20時00分 (2017年4月6日 17時55分 更新)

 3月30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、俳優・渡辺謙(57)の不倫をスクープした。記事によればお相手は21歳年下のジュエリーデザイナー・Aさんで、大阪・北新地にある高級クラブの元ナンバーワンホステス。2013年8月末に、映画『許されざる者』の試写会で大阪を訪れた渡辺が、佐藤浩市柄本明と共に行ったクラブで出会ったという。最初はただのホステスとお客の関係だったようだが、2人は2年半ほど前に交際を開始し、日本やアメリカなどでデートを重ねているのだという。

 今年2月18日には、ニューヨークのセントラルパークで『手つなぎデート』を目撃されており、その2日後、中華料理店のディナーデートを楽しんでいたことも詳細に記されている。この時期、妻の南果歩(53)は、サンフランシスコに滞在しており、妻のいない間に逢瀬を楽しんでいたようだ。南は2016年に初期の乳がんであることをブログで公表している。手術を受けたのちも、再発防止の化学治療を続けている状況だ。いわば妻の闘病中に、堂々と不倫をしていたことになる。

 さて、何と言ってもこの記事の驚くべきところは、どう見ても、渡辺かAさんどちらかが撮影したとしか思えないプライベートショットが多数掲載されていることだ。昨年にLINEのスクリーンショットが同誌で報じられたベッキー&川谷のゲス不倫を思い起こさせる。しかし、マスコミの論調は一年前とはやや異なっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品