0

看護師が常駐…『やすらぎの郷』現場での“意外な心配ごと”

2017年4月21日 12時00分 (2017年4月24日 11時13分 更新)



4月3日にスタートした倉本聰脚本、石坂浩二(75)主演のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)が絶好調だ。



「初回視聴率は8.7%を記録。その後も8%台を出すなど、非常に好調です。面白いのは年代別の視聴率で、50歳以上の女性からの支持が圧倒的です」(テレビ局関係者)



ドラマの舞台となっているのは、全盛期のテレビ界を支えた“功労者”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷 ラ・ストラーダ(道)』。



ほかに出演するのは、浅丘ルリ子(76)、加賀まりこ(73)、八千草薫(86)、有馬稲子(85)、野際陽子(81)、五月みどり(77)ら、超大御所の面々だ。平均年齢76歳。現場では、普通の連ドラとはまったく違う“心配ごと”があるという。



「撮影は昨年11月から始まっていますが、ずっと寒い中での撮影でした。何よりも最優先されているのが、出演者の健康面です。みなさん高齢ですから、風邪でも引かれたら大変。そのためスタジオの室温も高めに設定して、毎回、撮影が始まる前にスタッフが『体調が優れないときはすぐに言ってください!』と大声を張り上げるのが日課になってます(苦笑)」



そして、現場には看護師までが常駐して――。気になるのは、大御所女優たちの人間関係。まさか、ドラマ同様にギスギス?



「みなさん仲が良いですよ。休憩時間には、浅丘さんと加賀さんを中心に自然と人が集まっている感じですね。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品