0

財前直見 4カ月で6種の資格取得の理由は「息子」と「終活」

2017年4月21日 12時00分 (2017年4月24日 16時13分 更新)



「昨年、息子が小学4年生になるときに塾に通わせようと思ったことが、資格を取るきっかけになりました。息子に“お母さんも勉強して頑張っているのよ”という姿を見せたほうがいいかな、と思って(笑)。資格だったら、認定証をいただけるので証明にもなりますからね。でも息子からは、『どうせ自分のためでしょ?』って言われましたけど(笑)」



そう笑いながら話すのは、現在、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で柴咲コウ演じる主人公の井伊直虎の母親・祐椿尼を演じている女優・財前直見さん(51)。シリアスからコメディまで、数多くの作品で活躍するかたわら、彼女は’16年5月から9月までのわずか4カ月間で、6つもの資格を取得していた。



「メンタル心理カウンセラー」「上級心理カウンセラー」「行動心理士」「シニアピアカウンセラー」「終活ライフケアプランナー」そして「エレガンスマナー」。彼女にそこまでさせた理由は何だったのか、財前さんはこう語る。



「資格を取ったもう1つの理由は、昨年、私自身が50歳になったことも大きかったですね。それまでの自分はまだまだ未熟で、周りの大人たちからいろんなことを教わって生きてきました。そんな自分が50歳になった節目として、何か社会貢献をしなきゃいけないという強い意識を持つようになりました。“誰かのために何か役に立てる人間になったほうがいい”と思ったんです」



彼女が取得した6つの資格のほとんどが「心理」に関係しているもの。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品