0

ご存知ですか? 4月29日は山下泰裕が柔道全日本選手権で最年少優勝した日です

2017年4月29日 07時00分 (2017年4月30日 06時18分 更新)

 いまから40年前のきょう、1977(昭和52)年4月29日、全日本柔道選手権大会で東海大学の山下泰裕が19歳10ヵ月の史上最年少優勝をはたした。山下はこのあと1977年10月から引退する1985年6月まで、国内外の試合で203連勝を記録、全日本選手権では9連覇を成し遂げている。なお、山下の最年少記録はその後、2006年に石井慧(当時19歳4ヵ月)によって更新された。



(近藤 正高)


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品