0

伊野尾慧、バラエティで光るコミュ力は大学時代に磨いた「仕事だけをしていたらできなかった」

2017年5月20日 08時40分 (2017年5月21日 08時40分 更新)

劇中で伊野尾慧と三角関係に陥る山本美月ら (C)2017「ピーチガール」製作委員会

[拡大写真]

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が、『ピーチガール』(5月20日公開)で映画初出演にして初主演を務める。昨年、情報番組のレギュラーに抜擢されたほか、バラエティでも機転の利いたコメントや物怖じしない態度が好評な伊野尾。実は、グループの中では山田涼介らに比べて“遅咲き”であったとも言える彼は、現在の立ち位置をどのように受け止めているのだろうか。映画の役柄から見えた本人のギャップ、そして大学時代に形勢された考え方にも迫る。

◆“遅咲き”の伊野尾、「大学にしっかり通えたのは良かった」

 優しげなビジュアルに、ユルさと頭の良さを両立したキャラクターで人気を得た伊野尾慧。現在は『めざましテレビ』(フジテレビ系)の木曜パーソナリティや『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)レギュラーなど、MCでも伸び伸びとその魅力を発揮している。そんな彼は、『ピーチガール』で映画初出演にして初主演、俳優としても注目を集めることになりそうだ。『ピーチガール』の原作は、累計1300万部超えのヒットコミック。かなり期待値の高い作品ではあるが、インタビューに現れた彼は相変わらず飄々として、初主演のプレッシャーや気負いは感じられない。

 そんな伊野尾、実は所属するアイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中では、いわゆる“遅咲き”タイプ。同グループの山田涼介や知念侑李中島裕翔らは、早い段階で映画やドラマで活躍し、グループのコンサートでも特に注目されてきた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品