0

ちょっと過激な映画フェス!? OP PICTURES+フェス2017inテアトル新宿、2017/7/1-14開催

2017年6月28日 22時17分 (2017年9月23日 14時32分 更新)
86分セリフなしの「静寂(しじま)に抱かれる女」、処女ひきこもりの「出会ってないけど、さようなら」UMAテイストの「夫がツチノコに殺されました。」など怪作・傑作が全13本!

2017年7月1日から14日まで、新宿3丁目の映画館「テアトル新宿」において、今年も『OP PICTURES+フェス2017』が開かれる。

この聞きなれない「OP PICTURES+」とは、大蔵映画の新プロジェクトで展開されているオトナ向けの映画を、従来のR18+とは別にR15+バージョンを制作、一般劇場においてより多くの人に見てもらおうという、(上映館数が)萎縮しがちな環境にあるこれら成人映画の世界において画期的で意欲的なプロジェクト。
そしてそれを上映するのが今回のフェスだ。
別バージョンによりセクシーな世界観はそのままに、ドラマ部分を充実、老若男女に楽しんでもらえるバラエティ豊かな作品をお届けするという。低予算ながらいままで才気あふれる一流映画監督を数多く産んできたピンクの世界。いまどきの輝く原石をチェックしてみてはいかがだろうか。

今回の上映作品は、「方舟の女たち」城定秀夫監督/「舐める女」城定秀夫監督/「悦楽交差点」城定秀夫監督/「夫がツチノコに殺されました。」いまおかしんじ監督/「プリンセス 甘く危険な休日」吉行由実監督/「恋愛図鑑」竹洞哲也監督/「サイウノバカヤロウ」竹洞哲也監督/「出会ってないけど、さようなら」竹洞哲也監督/「初恋とナポリタン」/竹洞哲也監督/「私みたいな女」山内大輔監督/「静寂(しじま)に抱かれる女」山内大輔監督/「コクウ」榊 英雄監督/「犯(や)る男 最終版」山内大輔監督。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品