1

男の影ゼロの清廉潔白 シングルマザー竹内結子の“聖母”ぶり

2017年9月14日 09時26分 (2017年9月15日 06時00分 更新)

今の芸能界では稀有な存在か(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

 12日、クラシエホームプロダクツの新製品「ラメランス ボディウォッシュ」の発表会に女優の竹内結子(37)が登壇。イメージキャラクターの竹内は、同商品で磨いたという美しい背中を披露。「粗が見えないように、強めにフラッシュたいてください」と笑いを誘ったが、アラフォーとは思えない美肌に報道陣からはため息が漏れ、称賛の声しきりだった。

 竹内といえば、08年に中村獅童(44)と離婚、11歳になる男児を抱えるシングルマザーだが、浮いた話はなく、たまに共演者との関係が女性誌などで取り沙汰されても噂レベルですぐに消えてしまう。1億総不倫バッシングが続く中、ファミリー向け商品広告に女優を起用するにあたっては、メーカー側も慎重に身辺調査を行ったはず。それだけに、竹内への“信頼度″の高さがわかる。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「子供の成長に最上の幸せを感じているので、生き方にブレがないのです。不倫でお騒がせしている芸能人は皆、“女の幸せ”が最優先。子供が3人いようとも、宗教の戒律もやすやすと超えてしまっている斉藤由貴さんと比べると、彼女に聖母のような気品すら感じます。離婚の理由のひとつに“孫を絶対歌舞伎役者にさせる”という、姑(獅童の母)の意向と、“子供には自由な選択を与えたい”という竹内さんの方向性の違いも大きかったと聞いています。息子さんに豊かな愛情を注ぐことを至上の楽しみとしているからこそ、今の美しさがあるといえるでしょう」

 女優としての評価も上々。デビュー以来、これといったトラブルも聞いたことがない。

「これだけの女性を周りの男性が放っておくわけがありません。本人に興味がないからクリーンでいられるのです」(前出の川内氏)

 自宅に間男を呼ぶダメ母とは対照的に息子ファースト。“聖母”竹内の価値はうなぎ上りだ。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    日本の8割がこういう女性だったら清々しい。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品