0

乃木坂46・白石麻衣「私たちにとって、汗と言えばやっぱり…」

2017年9月21日 20時00分 (2017年9月24日 11時48分 更新)
9月22日(金)に公開される、話題の映画『あさひなぐ』。
主演の西野七瀬をはじめ、乃木坂46の人気メンバーがメインキャストを占めることでも
注目を集めているが、今回は、宮路真春役の白石麻衣野上えり役の伊藤万理華、そして
一堂寧々役の生田絵梨花と、物語の鍵を握る3人にフォーカス!
写真を拡大
生田絵梨花/一堂寧々 役 1年ながら部のエース。熊本からやってきた薙刀の天才だが、攻撃的で誰も寄せ付けない気の荒い性格なため、部内でも孤立している。國陵を全国大会に連れて行った立役者。「寧々ちゃんは、強いことをバン! って言う強いイメージがあるんですけど、どこかで甘えたい気持ちもあって。 そういう一面が、私にもあるのです。 とても共感できる存在ですね」

ーーさて、二ツ坂1年生トリオのみなさん(東島 旭役の西野七瀬、八十村将子役の桜井玲香紺野さくら役の松村沙友理)に続き、伊藤さん、生田さん、白石さんには「夢中になれるもの」についてお訊きしたいと思います。

生田 私は「歌うこと」かなぁ。現場の空き時間でも歌ってるし。日常の中で、歌っている時間が占める割合が多いのかもしれないですね。

白石 今日も歌ってたしね。

生田 え? 本当? なんか最近、無自覚で歌ってるんですよ。こないだ頭の中で曲を思い浮かべてたら、隣にいた子がその歌を歌いだして。「え! 今私も同じ曲のことを思い浮かべてた!」って言ったら「漏れてたよ」って。

伊藤 めっちゃヤバいね(笑)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品