0

乃木坂46白石麻衣の「眉」が美しすぎてテンプレ化 原寸大で完全再現できる

2017年9月22日 19時00分 (2017年9月26日 03時54分 更新)

「Ray」11月号に白石麻衣の「原寸大 眉プレート」が付属(画像提供:主婦の友社)

[拡大写真]

白石麻衣/モデルプレス=9月22日】23日発売の雑誌「Ray」11月号に、乃木坂46白石麻衣の「原寸大 眉プレート」が特別付録として付属する。プレートを“当てて描くだけ”で白石の眉の形が再現でき、憧れの“まいやんフェイス”に一歩近づくことができるというアイテムだ。

同誌専属モデルをつとめ同性からも圧倒的な支持を得る白石。3号連続表紙のラストを飾る今回は、“今のまいやん”を詰め込んだ45ページにわたる特集を展開。ブックインブック「まいやんFACEのれんしゅうちょう」では、“今、日本でいちばん完コピしたい顔”として白石のメイクやヘアなど美容テクを細かく掘り下げている。

◆“まいやん眉”のポイント3つ

好感度の高い“まいやんフェイス”の重要な要素のひとつである、美しい眉メイクのポイントは「細めのほぼストレート」「眉山はなだらかに」「眉尻に向かって少しずつ細く」の3つ。この“まいやん眉”を原寸大で完全再現したプレートは、完成品を確認した白石も「ホントに私の眉じゃ~ん、感激!私も普段描くとき使いたいくらい(笑)」と驚くほどの出来栄えだ。

使い方はプレートを自分の眉に当て、眉が足りない場合はペンシルなどで描き足し、太い場合は余分な毛を取り除くだけ。誌面ではその簡単ステップを使用コスメとともにレクチャーしている。

「まいやんFACEのれんしゅうちょう」ではメイク前後のビフォーアフターも初公開。ベースとなるスキンケアからふっくらツヤリップを仕上げるまでのプロセスのほか、「どうしてライブでいつも全然メイクがくずれないの?」「体型維持のために気をつけているコトは?」など、読者から寄せられた美にまつわる質問にもたっぷりと答えている。(modelpress編集部)

情報:主婦の友社

【Not Sponsored 記事】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品