1

有村架純インタビュー「ひよっこ」で昭和の強さを知った(前編)

2017年9月24日 09時00分 (2017年9月24日 10時41分 更新)

 NHKの朝の連続テレビ小説『 ひよっこ 』の勢いがとまらない。尻上がりに視聴率が上がり、最近では20%超えが続いている。9月末までの放送で、ストーリーはいよいよクライマックスを迎える。


 主演の有村架純が、今回の朝ドラにかける思いを語った。



「本当に私でいいのかな」。ヒロイン役のオファーをいただいたとき最初に思ったのは、そのことでした。母からも、「あなたに本当に出来るの? 大丈夫?」と心配されました(笑)。


 2013年の『あまちゃん』のときは数日間で一気に撮影しただけでしたし、前編・後編のある映画だとわりと長期ロケになることもありますが、それでもせいぜい3カ月。朝ドラNHK連続テレビ小説)のヒロインのように10カ月もの間、ほぼ毎日現場に入って撮影をするのは初めての経験です。


 そこで、朝ドラのヒロインを過去に務めた友人たちに話を聞きました。


 一昨年の『まれ』の土屋太鳳ちゃんは「しんどくなったらいつでも架純ちゃんを励ましに行くから」と言ってくれました。昨年『とと姉ちゃん』に出演した(高畑)充希には「頑張ってとは言わないけど無理せず楽しんで。終わった後に見える景色はすごく美しいよ」と。


朝ドラは“変われる”

 他のドラマや映画にはない、長丁場を乗り切った彼女たちの言葉には説得力がありましたし、とても勇気づけられました。


 朝ドラの主演をする前と後とでは、ヒロインの方の顔や喋り方、声まで全然雰囲気が違うんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    いつも、見ている間は笑顔になれる大好きなドラマ。朝ドラはこのようなものであってほしい。朝ドラを見て憂鬱な気分になりたくない。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品