0

滝沢カレン、ベストジーニスト賞に大喜び「まさかこんな繊細な賞を頂けるなんて」

2017年10月3日 11時55分 (2017年10月5日 12時27分 更新)

 モデルでタレントの滝沢カレン(25)がベストジーニスト賞を受賞し、喜びのコメントをインスタグラムにアップした。その年、もっともジーンズが似合う著名人に贈られるベストジーニスト賞。第34回となった今年は、滝沢が「協議会選出部門」で受賞したほか、菜々緒が2年連続で「女性部門」を受賞するなど、話題を集めた。

 滝沢は受賞発表後にインスタグラムを更新。受賞記念品の盾とともにジーンズを履いた自身の姿をアップした。コメントでは「本日の出来事ですが、2017年ベストジーニスト賞(デニムの賞)を頂きました」と報告。「こんなどこにいるか分からないようで何着てたって思わないような、私がまさかこんな繊細な賞を頂けるなんて、どこの誰も予想できないでしょう」と独特の言葉で喜びを語った。

 さらには「ジーンズは何を隠そう大好きで、ぶっといジーンズから棒状のジーンズまで持っているという人は知らないやり方でジーンズを愛し続けていました」とジーンズへの熱い思いを語ったものの、「みなさんに伝わればいいですが、どうなってんだか良く分からない方はそれがらしさですので気にしないでくださいね」とファンへの謎のフォローで長文コメントを締めくくっていた。

 このハイテンションなコメントにファンからは「おめでとうございます!」「こんな長文なのに楽しく読める」「毎回文が爆発的すぎ!」といった声が集まった。その一方で意図を読みとりづらい投稿に「何言ってんだ」という困惑の声もチラホラ。相変わらずの不思議な日本語遣いながらも、喜びが伝わってくる投稿となっていた。

文・内村塩次郎

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品