0

高杉真宙、今もほぼ電車移動 隣にいたらどうする?

2017年10月5日 15時00分 (2017年10月5日 17時14分 更新)

今もほぼ電車移動だという高杉真宙(提供写真)

[拡大写真]

高杉真宙/モデルプレス=10月5日】俳優の高杉真宙が“電車”で新CMを撮影。電車で本を読む美麗な横顔をとらえたCMカットが到着した。

手元のピント調節機能を助ける機能性表示食品のCMで、高杉は俳優・村田雄浩と共演。電車内で細かい字が読めずに困っている中高年を村田、平気で読書ができている目のいい青年を高杉が演じている。

ほぼ電車内で撮影したCMについて高杉は「電車で撮影した事がほぼ初めて。僕は日頃、ほとんど電車で移動してるので、自分にとって電車ってすごく日常です。そんな中でCM撮影をしている事になんだか違和感があって、面白かったですね」と振り返り、「実際に運行している電車の中での撮影でしたので、ダイヤに合わせて、撮影できるチャンスが決まっているんです。その中できちんと撮影しなければと、いつもより緊張感があった気がします」と裏側を明かす。

村田とは初対面となるが「すごく気さくで素敵な方でした。撮影中に戸惑ってわからないことがあった時に『こうだよ』と教えてくださったり…お陰でリラックスして撮影に臨めました」と感謝している。

文学青年を演じる高杉が手にする本は夏目漱石の「文鳥・夢十夜・永日小品」。CMを見た高杉と同世代の若者が手に取りやすい短編集をセレクトするなど、細やかなこだわりもある。

CMは10月20日から11月5日まで、全国のテレビ局で放映予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品