0

キュートなダブルヒロイン松田るか&黒崎レイナに大歓声『仮面ライダーエグゼイド』ファンミーティング

2017年10月5日 18時18分 (2017年10月6日 18時20分 更新)

『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』の大ヒットを記念したファンミーティング「後夜祭レベル99」より。去り際に大きく手を振る黒崎レイナ(左)と松田るか(右)「ビルド&エグゼイド」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

[拡大写真]

 公開中の映画『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』の大ヒットを記念したファンミーティング「後夜祭レベル99」が3日、東京・ニッショーホールで開催され『仮面ライダーエグゼイド』の飯島寛騎瀬戸利樹松本享恭岩永徹也松田るか小野塚勇人黒崎レイナらキャストとスタッフが登壇した。

 平成仮面ライダーでは、イケメン男性キャストが話題になるが、ファンミーティングでは、仮面ライダーポッピー/仮野明日那/ポッピーピポパポ役の松田るか、西馬ニコ役の黒崎レイナのWヒロインにも大きな歓声が沸きあがった。特に劇中は勝気で“ツン”なキャラだった黒崎が、少し照れた、もじもじした感じで挨拶すると、そのギャップにやられた約600人のファンから「可愛いーっ」の大合唱。松田が思わず「私のときも沸いてたから」と嫉妬するそぶりを見せるほどの人気だった。

 『エグゼイド』での1年間を振り返って、松田は「歌やダンスもさせてもらってありがとうございます! オリジナルアイテムで仮面ライダーポッピーに変身できたのが嬉しかったです。ニコちゃんとのダブル変身も良かったよね」と、八面六臂の活躍を見せたキャラ・ポッピーピポパポへの愛情を語る。

 一方黒崎は印象に残っているシーンについて「最終回で制服を着て『医療事務の募集を見て来たんですけど!』って大我(松本享恭)のところに来るシーンが大好きで。あのシーンはすごく泣きそうで…。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品